果物や野菜をジュースとして飲むメリット

果物や野菜をジュースとして飲むメリット

果物や野菜は調理するよりもジュースとして飲んだほうが高い栄養価を摂取できると話題になっています。
その理由は果物などの栄養価が加熱調理によって損なわれやすいものだからです。
ビタミンCやビタミンB群等のビタミンは大変壊れやすくデリケートで、同様に体の機能を保つために欠かせない酵素も熱に大変弱く、60度以上の加熱で損失してしまいます。

 

そこで話題となっているのが素材を加熱せずにそのままの栄養をまるごと摂取できるジュースです。
特に低速回転でできるコールドプレスジュースは素材を押しつぶすように圧搾して絞るため栄養をまるごとジュースにすることができるメリットがあります。
それまでの高速回転のジューサーでは摩擦による熱が発生して酵素やビタミンが失われてしまっていましたが、低速回転で作られるコールドプレスジュースはよりナチュラルに天然の栄養素を摂取できると高い人気を集めています。

 

このコールドプレスジュースを作る上で欠かせないのがヒューロム社の低速回転のスロージューサーです。
ピカイチ野菜くんでこのスロージューサーを購入すると、無農薬野菜や厳選されたフルーツが同時に届くのですぐに栄養豊富なフレッシュジュースが作ることが出来るというメリットがあります。